TOP お店の紹介 クリーニング工程 クリーニング豆知識 値段表 クーポンコーナー 集配サービス お問い合わせ 掲示板 リンク
〜クリーニング豆知識〜
基本編


このコーナーではクリーニングにまつわる情報を皆様にお伝えしたいと考えてます。
消費者であるお客様のクリーニングに関する知識レベルの向上は
「大切な衣服を買ったばかりの時ような着心地のよい適切な状態で長くご利用してただくこと」
また「クリーニング事故を無くす観点からも重要である」と考えております。

■ ドライクリーニングって何?

■ ウェットクリーニングって何?

■ ランドリークリーニングって何?


■ドライクリーニングって何?■
 
ドライクリーニングとは「水」でなく「溶剤」を使用するクリーニングのことです。

ドライクリーニングの特徴

@水を使わないので型くずれ等を起こしにくい。

A油性の汚れは除去しやすいが、水性の汚れは除去しにくい。

B汚れた溶剤を清浄化して再利用するので、

清浄化(溶剤管理)の方法が不適切であると再汚染しやすい。

溶剤管理は、再汚染防止と洗浄力向上のために大切ですので

当店では溶剤管理は徹底して行っております。ご安心下さい。

また溶剤には主に石油系溶剤、塩素系溶剤などがあります。

石油系溶剤は溶解力が小さいのでデリケートな衣類に適しますが生産性は低いです。

塩素系溶剤は溶解力が大きく揮発しやすいので短時間で洗浄、乾燥ができ能率的な処理に

適しますが樹脂を溶かしやすく風合いが固くなりやすいです。

当店ではデリケートな衣料洗いに適する石油系溶剤を使用しております。


■ウェットクリーニングって何?■

本来はドライクリーニングすべきデリケートな衣類を、元の外観、寸法、風合いなどを

損なわないようにする緩やかな水洗いをウェットクリーニングと言います。

ドライクリーニングだけでは落ちにくい汗などの水溶性の汚れを落とすために行います。

品質の低下をきたさなければ、ウェットクリーニングはドライクリーニングに比べてよく汚れが落ちるので、

高い技術力を必要とする最も高級なクリーニングと言えます。


当店では衣類の汚れの状態に応じ必要な場合は

ドライクリーニングとウェットクリーニングの両方を行い、

汚れを落とします。(注:この場合月一割引対象外となります。)

よく他店様では汗抜きクリーニングやデラックスクリーニング等と

称して通常の倍ぐらいの別料金を設定されているのを

見かけますが当店では、そういったことをせず通常のクリーニング代

のみで同様のサービスを行っております。



■ランドリークリーニングって何?■

ランドリーとは、ワイシャツやシーツなど水に対する耐久性のある衣料品を

アルカリ剤、石けんなどを用い、洗濯機でで温水洗いする

最も洗浄作用の強いクリーニング処
理です。

ランドリーは、家庭洗濯に比べ品物が傷みにくく、汚れが落ちやすいです




応用編

■ ふとんの丸洗いクリーニングの効果について

■ ドライマーク用洗剤について

■ふとんの丸洗いクリーニングの効果について■

「ふとんは洗うものである」

こういった認識を持った方は少ないのではないでしょうか?

JBAの平成9年の消費者需要調査によると

「ふとんの丸洗いクリーニングをしたことがある」が18.5%、無いが68%にのぼります。

一昔前まではふとんは一度買ったら洗わずに使うという考え方が当たり前だったようです。

元来掛け、敷きふとん共に木綿わたが主流であったため

3〜5年ごとに「打ち直し」をして使用してました。

打ち直しとは固くなったわたをときほぐすものでこのときわたの繊維を切り、

繊維が短くなるのでかさ高の回復力等の性能が落ちやすいという欠点があります。

それではふとんの丸洗いの効果とは何なのか。

まずはアレルギーを起こす抗原として作用し

鼻炎や喘息等の症状を起こすダニ類、アレルゲンの除去が上げられます。

ダニはふとんの表面と内部に生息しますが表面に生息するダニは日干しである程度駆除できますが

内部のダニは除去できません。その点ふとん丸洗いクリーニングでは有効な駆除方法です。

またふとんに付く汚れには汗などの水溶性汚れや皮脂などの油性汚れがありますが

ご家庭でできる日干し等ではこれらは落ちません。その点水洗いできるふとんについては

丸洗いを行うことで汗や皮脂の汚れがダニやアレルゲンと共にとれます。

さらに中わたのかさ高性を回復し、保温性を増す効果もあります。

なお当店ではふとんの丸洗いクリーニングの集配手数料を無料で受け付けております。

是非一度お試しください。



■ドライマーク用洗剤について■

家庭用の洗剤として販売されている

「ドライマークの付いている衣料品でも洗える洗剤」と謳う洗剤があります。

よくあることなのですが、この洗剤を「ドライクリーニング用洗剤」と勘違い

しがちですが、実は主成分が界面活性剤で従来の中性洗剤と比較して大きな相違のない

家庭用の水洗い用の洗剤です。

確かにドライマークのみの衣類でも水洗い可能なものもありますが

それができるかどうかを見分けるのは難しく実際に行う際には注意が必要と思われます。

ドライ表示の衣類にこの洗剤を使い、上手に仕上がりますと

確かにクリーニング代の節約になります。

ですが生地の縮み、型崩れ、風合いの悪化も懸念されますし、説明書に記載されているように

洗うのは結構大変です。また汚れの落ち具合もあまり良くないこともありますし、

アイロン仕上げなどの手間が相当かかります。

このように通常の家庭洗濯である洗濯機に入れて、出して、干すだけとは

かなり異なるのがお分かりになっていただけると思います。

よくこの手の洗剤を用い、洗濯に失敗したものをお持ち頂くことがあるのですが

直すことは難しいです。くれぐれもご注意下さいね。






 ■更新情報■
3月1日 ホームページOPEN

 シミについて
シミは時間経過と共に落ちにくくなり衣服を傷めますます。もし大切な衣服にシミがついたらすぐにクリーニングに出すことをおすすめします。
また応急処置としては「広げない」「擦らない」「時間をおかない」の三点を守り、きれいなタオルを衣服の下に敷き、テッシュなどでたたいて吸い取るように取ります。
しつこい水溶性の汚れにはタオルを下に敷き、薄めた洗剤液を染み込ませたタオルでたたきます。次に水に付けた別のタオルを用意してたたいて洗剤を落とします。

 TOP お店の紹介 クリーニング工程 クリーニング豆知識 値段表 クーポンコーナー 集配サービス お問い合わせ 掲示板 リンク
Copyright(C)NIKKOUSHA all rights reserved.
このサイトの画像、文章等の無断転載、複製、加工、配布等の行為をかたく禁止いたします。
TOPページ お店のご紹介 クリーニング工程 値段表 リンク お問い合わせ 集配サービス クーポンコーナー クリーニング豆知識 掲示板