TOP お店の紹介 クリーニング工程 クリーニング豆知識 値段表 クーポンコーナー 集配サービス お問い合わせ 掲示板 リンク
シミ抜き



シミとは、洗浄だけではとれない局部的な汚れ(汚点)をいいます。

シミ抜きは、全体を洗ってもシミが落ちないで残っている場合や、洗う前であっても洗うだけでは

落ちそうもないシミが付着している場合前処理として行います。

シミはとれないものもあることや、シミは古くなると取れにくくなるものが多いので
なるべく早くクリーニングに出すことをお薦めします。

シミ抜きは、生地の染色や繊維を傷めずに処理しなければなりません。

付着しているシミが何であるか判別し、シミを分類して処理します。

シミ抜き機械としては、スチームスポッター(蒸気シミ抜き機:スチームガンよりエア、スチームが噴射される)、

ジェットスポッター(シミ抜き液をピストル型のガンから噴射する機械)、超音波シミ抜き機などが使われています。

シミ抜き道具としては、ブラシ、へら、コテ、布、下敷き板、スプレ−などが使われます。

シミ抜き剤には、溶剤、洗剤、薬品、調合剤、酵素などが使用されます。

シミはこすらずたたき出します。シミの種類が不明のときには、

1)油溶性シミ抜き剤、2)水溶性シミ抜き剤、3)薬品(アルカリ性)、4)薬品(酸性)の順に使用します。

シミ抜き後は、シミ抜き剤が生地に残らないように中和、すすぎ、後処理を十分に行います。


戻る

 Copyright(C)NIKKOUSHA all rights reserved.
このサイトの画像、文章等の無断転載、複製、加工、配布等の行為をかたく禁止いたします。
トップページ クリーニング豆知識 お店のご紹介 クーポンコーナー クリーニング工程 集配サービス 値段表 お問い合わせ 掲示板 リンク